整形外科の手術をはじめ幅広い症例に有効なCT検査

CT CENTER
桑原動物病院CTセンター

CT検査で
より精密な診査診断と
安全性の高い的確な治療

大学病院などの二次診療病院に受診しなればできなかったCT検査ですが、
前橋駅すぐの桑原動物病院では、より高度な地域医療を実現するために
高性能なCTを導入しています。

*
立体的3D画像 低被曝 的確な診断
CT SCAN
CT検査について

X線が身体の周囲を360度の方向から照射して、そのデータをコンピューターが計算し画像化します。動物の体を立体的な3D画像としてみることができるため、CT検査では通常のレントゲン検査よりも動物の内部を詳細に抽出し、より正確な診断を行うことが可能となります。
当院では、「16列マルチスライスCT装置」を活用しており、短時間で病変の部位や形状等に関して詳細に把握することができるようになっています。さらに動物の被曝量をできるだけ抑える設計になっているため、安心して検査を受けていただけます。

CASE

  • *

    腰部の椎間板ヘルニア

  • *

    転移性肺腫瘍

  • *

    副腎腫瘍

CT 検査の適応疾患

  • 胸腔・腹腔内の各種腫瘍疾患

  • 鼻腔、咽頭、呼吸器疾患

  • 整形外科疾患(脊椎骨折、骨盤骨折)

  • 頭部外傷、脳腫瘍

  • 心臓や腹部の血管形成異常(動脈管開存症、門脈体循環シャントなど)

CT検査の方法
CT検査は通常の場合、全身麻酔をかけて人工呼吸下でおこないます。しかし、動物の症状・性格・撮影部位によっては「無麻酔」での撮影が可能な場合もあります。撮影自体は数分程度で終了しますが、全身麻酔実施前の検査(身体検査、血液検査、レントゲン検査)を行いますので、総所要時間としては約30分~1時間程度となります。
検査の目的によっては、造影剤を使用する場合もあります。造影剤とは、画像での診断検査をより分かりやすくするため、画像により明確な白黒の差を付けたり、特定の臓器を強調するために投与される薬剤のことです。この造影剤検査では、自動注入器を用いて直接血管内に注入します。
*
生検・
バイオプシー検査

画像で腫瘍(がん)が疑われた場合には、病変部の組織を採取することでより詳細な診断を行うことができます。採材部位によって、 針生検、Tru-cut、骨生検、CTガイド下生検などが可能です。

CT検査の流れ

CT検査はご予約をお願いしています。
他院を受信されている場合は、担当の獣医師様よりご予約いただきますようお願いしております。

  • 予約

    お電話またはCT検査申込書にご記入の上、FAXまたはメールでお送りください。
    TEL 027-221-6696 / FAX 027-221-3398

  • 検査当日
    • *
      入院
      午前中のご入院となります。検査当日の朝ごはんは与えないでください。少量のお水を与えることは問題ありません。獣医師による問診及びCT撮影のご説明を行います。
    • *
      各種検査
      全身麻酔前の身体検査、血液検査、レントゲン検査を行います。動物の体に負担を少なくするように配慮をしながら検査を行います。
    • *
      CT検査
      全身麻酔を行った状態で、安全に配慮しながらCT検査を行います。
      ※動物の状態や部位によっては無麻酔でのCT撮影も可能です。
    • *
      退院
      検査当日中にお迎えください。お迎えの際に、簡単に検査状況のご報告をします。また、当日あるいは後日、CT検査の診断結果をご報告します。
      ※状態によっては後日のお迎えになる場合もあります。
  • 検査報告

    CT検査の結果は、当日ご報告する場合と、1~3日程度後にご報告する場合とがございます。
    非常にまれな疾患の場合には、当院の提携画像診断医である和田昌絵先生に読影/ 診断していただき、後日結果をご報告いたします(1週間以内)。

    *
    画像診断医
    和田 昌絵先生
    学位・称号・資格等
    • ・日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)獣医学部獣医学科 卒業
    • ・第1種放射線取扱主任者試験 合格
CT検査をご依頼の先生方へ
  • 検査の費用は、お申し込み時に料金表をご提示いたします。
  • ご不明点などはお気軽にメールまたはお電話にてお問い合わせください。
  • CT検査と合わせて当院の二次診療である専門外来(神経内科・外科、整形外科)の診療にも対応しておりますので、必要な場合はお問い合わせください。